カゼ クルージング ボート トレーニング システムが小豆島から「ヨットと暮らす生活」を提案します。
ブログ "猫のグリとヨットの旅"

ヨットの旅

住人はコーストガード21名

「Murder Pt.の北、小さな湾Casco Coveに投錨せよ、そこで指示をまて!」 Casco Cove水深6メートルに投錨、機関後進をし錨を効かす Casco Coveに投錨したオンディーヌ 雲が低く垂れ込め、気 …

20110102095624

アッツ島玉砕のこと

写真上 日本軍の陣地あと   私たちがアッツ島についた50年まえ 1942年(昭和17年)5月日本軍がアッツ島を占領した ミッドウエイ作戦の陽動上陸作戦だった 翌年5月29日、山崎保代陸軍大佐指揮のアッツ守備隊 …

20110101005016

闘病生活・・・ヨットの食事

私たちは海もヨットも好きなので、毎日単調に海ばかり見ていても飽きないのですが、その中で食事はやはり最大のイベントです。 海が静かなときは、天ぷらも出来るし、ガスコンロはジンバル(船が傾いても常に水平を保つ)なので、動いて …

1992年7月4日(アラスカ時間7月3日) アッツ島到着

午前4時12分白と黒のパンダ柄のイルカ100匹以上 「アッツ島はこちらですよ・・・」と先導するように現れる 気温5℃、小雨、視界はよし VHF(船舶用近距離無線)16チャンネルでアッツ・コーストガードを呼ぶ 応答なし 針 …

20101231204101

1992年7月3日 アッツ島まであと一日

昨日午後6時、1867年締結のロシア、アメリカ海上国境通過 海上を流れるジャイアントケロップが多くなる ヌメリのある黒い大蛇のようで、不気味な姿に初見時は驚く 見慣れた外洋性の鳥に、カモメやコアホウドリも交じり陸地の近さ …

北太平洋で感じる何か

気温8℃、暖房用ストーブ点火 遠く船種不明のマスト灯 船に寄ってくるミズナギドリ 八宝菜、大根の煮物の夕食 衣類を雨のように濡らす冷たく重い濃霧 牛丼の昼食・・寒いので肉は長持ち もっと買って置けばよかったと妻 残り74 …

20101230101821

1992年6月24日 陽の光

快晴、4日ぶりに太陽をみる 船内より 外が暖かい 釣った鱒を焼き、ご飯を炊き暖かい朝食 昼食は釧路のSさんから頂いたビーフシチューとマリネ 夕食は「内海さん一家」みたいに痲婆豆腐 荒れた海から開放され素晴らしい三食 「ヨ …

20101230090616

1992年6月22日 嵐

昼過ぎから風強まる 縮帆(3ポイント)、NE15mの風、波高4メートル 夜になり気温10℃、NE24mの風、ヒーブーツー(漂流状態に) 針路、風向、波高を勘案し消極的だが、これが安全である 暗黒の海に、怪しく光る無数の波 …

1992年6月21日 釣果

風弱く、さざなみの頭に夜光虫か、海中が生き物のように光る、うねる 流していた針に、烏賊と鱒がかかる 今夜は烏賊でバター焼き、刺身、腸焼き・・・ 気温12℃、アッツ島まで1182海里

20101230082412

1992年6月20日 釧路港から出国

午前中に、出国審査、税関、入管、海上保安庁、各職員来船し現地でお世話にたった人たちに見送られ、12時30分離岸 巡視船「宗谷」のブリッジに「UW」旗が揚がり「航海のの安全を」というメッセージだ、汽笛で送られた。・・・子犬 …

20110102191433
« 1 10 11 12 13 »
カゼクルージングボートトレーニングシステム

ヨットのクルージング歴が豊富な船長とカウンセラーが運営するヨットスクールです。私たちは小豆島から「ヨットと暮らす生活」を提案します。

ヨットで風を感じよう!

カゼクルージングボートトレーニングシステム
香川県小豆郡小豆島町

  受付:毎日 朝7時〜夜9時
  メールフォームはこちらから

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.