10月29日07時07分

Ketchikan出港

カナダ国境の街、Prince Rupertへは

夜の到着になりそう

途中、Faggy Bayで一泊も考えたが

天気が崩れそうで直行とする

妻は、久々の夜間航行に流木や波、風が心配と言う

 

13時30分

Tree Pointでアメリカ領とお別れである

955mb、気温11℃、東の風28m

Tree Pointを交すと北東に風は振れ大荒れとなる

 

さすが、Dixon Entrance!!荒海だ

豪快なランニング(追い風帆走)にアドレナリンが湧く

 

ランニングは針路が定まりにくい

Main Passageに入るべく針路を取るが

羅針盤不調で陸岸に近づきすぎ焦る

 

16時ナイトセーリングに入る

灯台、海図、測深、レーダー・・・気持ちを集中させる

 

20時10分プリンス・ルパート港域にすべり込む

20110615090858

海図にあるブイが無い・・・少し混乱する

Dフロートへ舫いをとる

近くのヨットの住人がコ-ストガードと税関に連絡してくれた

 

15分程で若い税関職員が登場する

制服、制帽その下は派手なプリントのパジャマ姿だ

気前よく旅券にポンポンスタンプを押しながら

「野菜、果物は船外に持ち出すな・・・早く食べてください!」

「タバコ、酒、銃、ミサイル?の有無・・・ねずみ駆除証明」

一人で防疫、通関、入管をこなしている

半年の滞在許可をくれ、伸ばしたければ電話をくれと・・・

そして「カナダへようこそ!!」とカナダ国旗のバッジをくれた

 

船を下りて数歩歩いてから振り返り

「バンクーバーの君の友人ビルから何度も電話が有ったよ・・・」

明日、電話しよう・・・