8月26日19時20分、コディアック(Kodiak)港ハバーマスタへ入港の許可をVHF(無線)にて求める

「しばし待て・・・」と

薄暗い中、すぐ脇にセスナの水上機着水して驚く

20110124202706

写真上  港の水路近くに着水するセスナ

 

「スモールボート桟橋の奥へ」と指示あり

暗くなってしまった・・・恐る恐る入港していく

 

日本語で「こっち!こっち!」と女の子の声・・・!

ダッチハーバーで会った「カタプール」のパット・アトレーさんと女の子がゴムボートに乗り、懐中電灯で海面を照らしてくれる

港の入り口近くに赤い船体の「カタプール」と

フランス艇「ジャバデュー」が舫ってある

ニコニコ元気な女の子は「海(うみ)でーす・・・!」挨拶してくる

無線を傍受し待っていたという

 

通常、外来艇は港口に近いところ

地元の船はウネリの入りづらい内側に舫う

サーモンシズンで港は混雑していた

奥がたまたま空いていてラッキーだった

 

舫いを手伝ってもらい

簡単に食事を済ませ「カタプール」へ

「カタプール」は家族四人になっていた

20110124203250

写真上  アトレーさん一家

日本から空路、奥(まどか)さんと海ちゃんが到着し

三日前に奥さん帝王切開で出産

出来れば地元のアレウト族の産婆に頼みたかったが・・・

驚いたことに帝王切開の出産で入院は二日のみ

通常の出産なら日帰りだそう・・・

費用は100万円かかったそうだ

 

奥さんはお腹が痛いと言いつつ幸せそう

海ちゃんパット以上に母親を気遣っている

パットさん、良かったですね・・・!!