コディアック島はアラスカ西部のメジャーな漁業基地の一つである

人口は3500人前後だがサーモンシーズンには多くの労働者が流入する

 

直行で46時間位、途中で一泊するかは悩むところだ

初日の夜間航行で一部詳細な海図がない

波の静かな夜、比較的背の高い岩壁の海岸線はレーダーに良く映り

・・・・切り抜けホッとする

 

二日目午前6時、Castle Bayの特徴ある岩峰が自船の位置を確信させる

大型の漁船が複数操業している

外洋性の大きなうねりは気にならない

20110123141212

写真上  キャッスル湾、いかにも西洋のお城(ゴシック風、二本の岩峰)・・・この裏に良き錨地あり

天気図を見、コディアック島へ一気に走ろうと決める

鯨を良く見る

16時50分北西の風になり

ランニング(追風走)となる

病み上がりの自動操縦を解き、自ら舵を持つ

20110123142608

写真上   夜が迫る

Trinity島の浅い海域(水深40~50m)では

風が振れ南風に変わりウネリが島へ針路を寄せる

トリニティー島に続くTugidak島は

北側にあり平らな地形でレーダーに映りにくく

怖がりのせか、ついつい予定コースから沖合いに針路を選び時間を食う

浅い海が巨大なウネリを発生させる

20110123144410

写真上  新月の夜が近い・・・闇夜の追い波は嫌いだ

 

翌朝南西の風25メートル

プレーニング(追い波に乗り滑走する)で

8ノットを越え進路が一定しない

自ら舵を取るが、これが疲れてしょうがない

時々、巨大な追い波が迫り、座っていても思わず立ち上がりそうになる

恐ろしい!!

明るいうちにコディアック港へ入港できればラッキーだ

疲れは頂点だ