ヨットで旅する人たちを「ヨッティー」と云う

ダッチハーバーは、この海域のヨッティーの重要な避難港だ

極東から米西海岸を目指すには、帆船時代から

アリューシャン列島をかすめる、このルートがメジャーであった

ヨットも帆船である、帆船時代から積み重ねられた知識を利用している

気象、海象、海流、季節風、地誌等は数百年変わらない

此処ダッチハーバーは、潮気の多いヨッティーのたまり場でもある

20110110213442

ノルウエイのヨット「KIWI」

LONE&DAGのカップル、LONEは妊娠中

頑丈な鉄の船で、大工であるDAGが自作した

世界一周中で、私たちと同じルートで米本土を目指す

「僕らはバイキングだから、北の海は平気さ・・・」と

LONEは日本料理に興味があり妻からレシピを教わっていた

20110110214504

アメリカ人、ヨット「KATAPOLL」

PAT UTLEYさん

今は単独航だが、この先コディアーク島で日本人の妻と娘と合流予定

東京で英語教室を経営し資金を蓄えヨットを買い帰国するという

早く家族と会いたいと、少し寂しそう

20110120092814

リタイアしたノースウエストの元パイロット

ヨット「SHINGEBTSSⅡ」

MAXINE&LARRY夫妻

今までパイロットとして上空から見た、素晴らしい海をすべて航海したいと意欲的、船室内でも操船できるヨットで、モデルハウスみたいに生活感無く綺麗に生活していて、私たちヨットは散らかし放題で恥ずかしい

我々は、近海やこれからの航路の情報交換や、艤装の工夫、生き方や哲学・・・・英語で大変だけれども楽しい時間を共有した