久々の晴天だ

マウンテンバイクを持ち出し、少し遠出をする

妻は自転車に乗れないし

連日の宴会(日水の方、ヨッティーたち)の調理・接待疲れで昼寝

妻は太宰治の短編「饗応夫人」のようなひとで

「お客様には、最善のおもてなしを・・・」と

取り乱した様に・・・「義」のため・・・やりすぎと私は思うのだが・・・

「たまに一人もいいし・・・」と私は出かける

20110112091031

写真上  町の歴史館で見たのと同じ場所?

50年前の写真では、上架用スロープには潜水艦が乗っていた

20110120091946

写真上  泥道は乾いて埃っぽい

正教会の墓地に埋葬された人たちと、丘の上に埋葬された人たちとの、違いはなんだのだろう?

20110112093157

写真上  ウナラスカの町の対岸まで来た、写真左端に工場群、右対岸には給油施設、修理ドックとサプライヤーの店

船上生活で身体がなまっている、足がガクガク

ダッチハーバーの湾は奥が深く自然の良港だ

20110112093855

写真上  ラグーン、砂嘴の中の小さい湖(Summer Bay Lake)

ツンドラの地勢、湖は海と繋がっていて鮭が産卵のため上るという

ルアーと釣り竿を担いできたが

鮭は一匹も見えなかった

 

一人で自然の中に居る緊張感が心地良かった

一瞬の草原の風のザワメキ、野鳥の気配、風の匂い・・・

 

すべての兆候にハッとする・・・気の弱い、野生の熊みたいに・・・!!