朝、漁師が船体をノックし「船を移動してくれ!」と大声

入港してきた漁船の「ルーム(係留場所)をくれ!」という

20110112102553

写真上  漁船を見て驚いた「飛行機を拾ってきたの・・・?」

「エ?フィッシュファインダー(魚群探知機)だよ・・・」と

上空から魚を探すみたいだ

アメリカ人の発想とスケールに驚かされる

20110112103040

写真上  右に水上機を載せた漁船、左に「オンディーヌ

20110112103402

写真上  気がつくと子供たち

子供たちの英語は分かりづらく、ちょっと困った

ダッチハーバーでは子供たちの数は極端に少ない

犬の数より少ないだろう

女たちも少ないが、男たちに混ざり対等以上に働く

賃金の高い僻地は出稼ぎの地でもある

20110112105118

写真上  運転席にシェパード

20110112105237

写真上  私(船長)を見る目より、犬や猫を見る目がなぜか優しい妻

20110112105714

写真上  「KIWI」が出航していく

我々「ヨッティー」は季節に追われているのだ

ベーリング海の夏は短い、早く本土に行かなくては・・・渡り鳥の様に

居心地の良い「楽園」から出るのは・・・怖いが・・・

マウンテンバイクの泥を洗い収納し、船内、甲板を戦闘モードに

海図に予定航路書き入れ、水路誌を復習し

燃料、食料を買い入れ、最後に、お世話になった皆さんに御挨拶がある