ダッチハーバーでの課題は山ほどある

ここからコーディアーク島までの詳細海図が不足していた

船具屋では半分ほどしか手にはいらなかった。

20110110201704

写真上  キスカ島沖の嵐で吹き飛んだアンカーウエルハッチ

マスト灯の接触不良

錨巻上げ器(ウインドラス)のスイッチ防水

ウインドベーン(自動操舵)調整

スロットルレバーのピン調整

スライドハッチ防水

プロパンガスの補給とアメリカ仕様への変更

コンパスライト配線交換

アクリル窓のひび割れ補強

ほかに細かな修理がリストアップされている

ヨットの航海日誌は、船の修繕の記録でもある

少し価格は高いがほとんどの修理部品は手に入る

ここはあまりに孤立し、自立しなければ生き残れない環境なのだ

ここに住むすべての人たちの合言葉は「インディペンデント」だ