20101230101821

気温8℃、暖房用ストーブ点火

遠く船種不明のマスト灯

船に寄ってくるミズナギドリ

八宝菜、大根の煮物の夕食

衣類を雨のように濡らす冷たく重い濃霧

牛丼の昼食・・寒いので肉は長持ち

もっと買って置けばよかったと妻

残り740海里、2枚目の海図に替える

パラムシル島南210海里

読書・・・井上靖「おろしや国酔夢譚」

鱒ムニエル、ポテトサラダ・・・オーブン料理

深夜の乗客、ウミツバメ・・・油の切れた滑車のようにキーキー鳴く

もう少し休んでいけば・・直ぐ飛び立ちマスト灯の周りを群舞

あまったポテトサラダのホッカホカのオーブン焼き

大きなうねりに乗り、低気圧に吸い込まれる・・・快走

SW風35m、ビーブーツー(漂流)・・・これでゆっくり眠れる

突然VHF(無線機)に日本語のコール

「日本のヨット、誰か居るのか?」「中で寝てます!」

窓から外を見ると、薄暗い海上に 漁船が大波に見え隠れしている

「気い付けていきなよ!」「ありがとう!!」

低気圧の中心、992mb・・・大荒れの海、妻声なし

20110126223201

上天気図  1~2週間に一回はこんな感じ

食事は乾物をなめ、かじる、のみこむ、後はりんご

嵐去り、炊きたてご飯に野菜炒め、ツナとたらこサラダ

だんだん寒さに慣れてきた

過ぎ去った低気圧を追いかけ、快走、激しいローリング

揺れる船内で体を支え損ない右手親指に激痛

骨は折れてないみたい、亜脱臼・・・妻には内緒

清水タンクが空・・・激しい動揺にパイプ外れる

気圧下がりだす、後ろから台風崩れの低気圧が追ってくる

肉じゃが、とろろ、金平牛蒡

厚焼き玉子の夢を見たと言ったら、昼食に出た

台風崩れは東に去った

しばらく近くにいて、慣れっこになった「僕らの低気圧」も離れつつあり

20101230101631

新しい友達・・・舳先に小型のイルカたち伴走

20101230101629

見えるはずの島が見えない不安