9月22日、03時、私は仮眠を取っていた

「貴方! 起きて!外を見て!・・・ホラ!!」と起こされる

北の空が不思議な色に染まっている

 

私は愕然とした・・・淡い白色が空いっぱいに広がっている

核戦争が始まった・・・・!!!

その下はPrince William Soundだ

プリンス ウィルアム サウンドの北は入り組んだ広い湾で、アラスカ原油最大の積出港が有り、そのバルディーズ(Valdez)港が攻撃されたと思った・・・

 

妻は「凄いオーロラね・・・」と

なんだ、オーロラなのか・・・

我ながら慌てん坊である・・・・・我ながら肝っ玉が小さいやつだ!

 

7月7日にアッツ島を過ぎてから幾つもの戦略ミサイルのレーダーを見てきた

20110205213340

写真上  アリューシャン列島の対ソ連ミサイルレーダー基地

それがいつかトラウマになり心の隅に溜まっていたのだろう

そして、この「好天の恐怖」・・・何時か天候は崩れるのだ・・・

この恐怖とない交ぜになり

寝ぼけた頭で、パニックに成ったのだろう・・・・

妻の前で言葉にしなかった・・・

頭の中が整理できるまで寡黙にそれを見つめていた・・・

 

10時、タンカー通行量が多いという本船航路中央

周囲には全く船影なし・・・

 

13時、いなり寿司で昼食・・・青空にジェット機の白い雲が幾筋も交差している・・・旅客機の大圏航路の真下なのだろう

14時、気圧1014,5mb、今日も±2mb以内に安定している

北の風5メートル以下・・・凪である

エンジンを整備してくれた「油壺ボートサービス」の藤原さんの話を思い出す・・・

「北の海では何日も凪が続くことがあるよ・・・」と

藤原さんは北洋の漁師だった人だ

 

天気図の受信が出来ない・・・

アンテナをチェックするとカバーの樹脂が割れ本体が剥き出しだ

分解、樹脂に凝固剤を混ぜ修理、組み立て・・・受信できるか不安

気がつくと北側に氷河海岸の大パノラマ・・・!!!

20110206181304

20110205212706

20110205212705-1

 

20110205212702

20110205212658

20110205213720-1

20110205213922

20110205213917

20110205213915

写真上  是非写真をクリックしてその迫力を堪能してください!!

 

確かに美しいが、この風景の中に大自然の破壊的パワーを感じ・・・畏敬の念に囚われる・・・・人はあまりに小さく弱い・・・

ここで暴風に遭ったら、私は惨めに降参するしかないだろう・・・

 

18時、「新宿中村屋のカリー」2袋、圧力釜で炊いたホカホカのご飯で大盛りカレーの夕食・・・レトルトだけど絶品!!

天気図受信成功!・・・この海域を緩い高気圧が覆っている

よし!・・・内海航路へ直行しよう・・・

 

赤い三日月は水平線から上がり、青く色を変えた・・・

星屑はその光に負け・・・星座は鮮やかに現れる