休漁の日(アラスカ州政府の「フィッシュ・アンド・ゲーム」の部門が州全体の漁獲量を監視し、出漁の日を決めていた)と言うことでダグがオンディーヌへやってきた

 

私はオートパイロットの点検をしていた

ダグの漁船「Mrs.Sue K.」の乗員ラリーを呼び出し

油圧系統のチェックをしてくれる

ラリーはベトナム戦争に従軍していた

「空母エンタープライズ」の乗組員で

艦載機の整備が担当で油圧系修理のベテランだという

 

早速見てもらうと既に発注したパーツではなく

他の、部品が必要であることが解る

ダグの船の隣にオンディーヌを移動し

ラリーの工具や測定器を使い

徹底的に分解・検査してくれる

必要な部品等を書き出し代理店へ連絡してくれた

 

夕食に招待した

妻の「饗応夫人」にスイッチが入り

とんかつ、ミートボール中華風、紅鮭チャンチャン焼き、ポテトサラダ・・・が並んだ

20110121100859

写真上  左からダグ(Mr.Douglas F. Karlberg)、中央ラリー(皆、食べすぎ、飲みすぎ・・・!)

ダグは自船にとって返しボルドーワインを持ってくる・・・旨し!!

 

話が盛り上がる

春の鰊漁はラリーがヘリコプターで魚群を探す

他の漁船のセスナやヘリで上空は空中戦のようになる・・・海上も!

ダグがまき網で鰊を一網打尽!・・・興奮して聞き入る

私たちは、日本の漁師の話、今までの旅の話を

アラスカの漁獲のかなりの数は日本へ輸出している

日本の水産マーケットに興味深々のようすだ

 

ここでも力強い助っ人に会え

旅を続ける勇気をもらう