8月21日

ダグの船が帰ってきた

ピーターパンからVHF(無線)で連絡

今日の飛行便リストに君の荷が乗っていると

 

ヒッチハイクで飛行場へ

低い雲の中からYSー11が着陸する

日本製の飛行機になんだか感激する

 

部品ではなくオイルプレッシャーの完成品がはいっていた

手馴れた手つきでラリーがエアーを抜きながら装着

風雨の中港外で試運転

若干ふらつくも問題なし・・・マッチングし安定する

手紙には船の長さ、重量はこの機械にマッチしているが

この船が敏感すぎるので

もうひとつ大きめのオートパイロットの選択がベストだと

条件が一つ、コディアックの正規代理店で「装着の検査」だ

20110123100828

写真上  朝夕の散歩・・・寒くなってきた

アラスカの夏はもう終わるという

ダグも早く南下せよと

ダグの船の給油時、我々も給油・・・ダグが支払ってくれる

この夜、海図、水路誌を前に

これからのルート上の避難港、湾のレクチャーをうける

アメリカ・ワシントン州ベーリングハム(Bellingham)の住所を貰う、ダグの自宅である

「困ったことは、いつでも連絡せよ」と

 

12日間の停滞でマストも自動操舵も修理は完成・・・気力も充実

天気図を検討

明日、出航を決める

 

この後、ダグにはヴァンクーバー、ベーリングハムでもお世話になる