10月6日、06時、起床・・・霧だ!

20110221073455

写真上  気圧1039mb、気温5℃、無風・・・

07時、出発予定時間・・・中止し様子見・・・北東に開いた入り江なので長居するには不安がある・・・気圧は下がり始めている

20110221073453

写真上  恐ろしい物が見えそうで・・・見えない不安・・・

07時37分、抜錨したものの、濃い霧が渦巻くようにオンディーヌを覆い、直ぐにまた視界不良になる・・・

入り江の中をゆっくり反時計廻りに広い水路へ・・・霧薄くなる

レーダーに船影・・・フォグフォーンを鳴らし近づく

20110221073451

写真上  操業中の漁船に天気を聞く・・・「良いけれど短いよ・・・」

霧は入り江の中だけに留まっていたようだ・・・

20110221073448

写真上  Lamplugh Glacierに近づく

岩の向こうに氷が盛り上がっている・・・

20110221073446

写真上  小ぶりな氷河だが幻想的なブルー・・・しばし見とれる

20110221074601

写真上  何も問題ないのに緊張が取れない・・・

20110221075008

写真上  気温が低いせいか・・崩れる様子はない

20110221075006

写真上  氷河中央の黒い変色は、上流で氷河の合流した証である

20110221075004

写真上  Lamplugh Glacierを離れ奥へ進む・・・

20110221075002

写真上  ここから先はJohns Hopkins Inletだ

20110221074959

写真上  妻に舵を持ってもらう・・・寒そうで可哀そう・・・

20110221074957

写真上  Iceberg(氷山と訳すがここでは流氷)が出始める

エンジン回転数1000くらいで、超スローで進む・・・

一人は船首に立ち、大きな氷塊は避け進むものの、船体やプロペラに氷の当たる音は嫌なものだ・・・

二人ともに五感を研ぎ澄まし・・・ずべての兆候を感じ取ろうと言葉が少ない・・・