7月26日、税関でアラスカの州都「ジュノー」へ8月末まの期限付きの「パーミッション(航行許可証)」を発行してもらう

「ヒバリノさん」からダンジネス蟹の差し入れ、さらに中古海図、この海域で使用されている無線の周波数表を頂く・・・これはのちのち非常に役立った!

 

コーストガードで天候の確認をし、日水の小山さん、伊東さんに差し入れをいっぱい頂、見送られ11時50分離岸した

「お世話になりました・・・有難うございました!!」

12日間の「楽園生活」からの旅立ちである

20110112163700

湾を出て振り返ると

教科書に出てくる様な典型的な氷河跡の地形が刻まれている・・・写真上

先端からは川が滝となって海に落ちていた

20110112164153

写真上  フランスのヨット「ジャバデュー(Jabadao)」

日の丸を見て寄ってきた

小笠原・父島から来たといいフランス訛りの英語で話しかけてきた

「ダッチハーバーに寄り、君たちを追いかけるよ・・・」と

再会を約し分かれる

 

今夜は隣のアクタン島のAkutan Harbor に泊まろう

わずか3時間のセーリングである

心の隅に外洋に出て行く勇気がまだ湧いてこない自分がいるし

二人だけなら英語も必要ない

20110112170402

写真上 停泊灯

港の入り口に小さな魚加工工場がある

港といっても中規模の自然の入り江である

一番奥、深水9メートルに30メートルの錨鎖を出し

錨をしっかり海底に食い込ませた

差し入れのお陰で、すごい夕食「北海の珍味の山」である

 

静かな夜である

海岸に草原が広がり、小屋と柵がある羊でも飼っているのだろうか?

夜もふけ灯油の停泊灯に火が燈され

かすかに揺れる・・・心地良い眠りへ