9月16日、08時29分セルドビア出港

北東の風7メートル晴れ、気温6℃静かな海である

危険岬にはやはり渦潮が発生していた

 

11時風無く、昼食はカレーうどん

逆潮であまり進まない

20110202162317

16時、向かい風となり艇速さらに落ちる

20110203094113

18時、東の風21メートル悪い波が前方から押し寄せる

20110202162746

19時、Petrof氷河眺めが圧倒的迫力・・・カレーで夕食

20時、風強まり日没・・・23メートルの東風、機帆走にする

 

日が変わり03時、東風31メートル、艇速3.4ノット

Granite島の風影へ避難するべきか考え心が揺れる

状況としては明かに嵐である・・・妻も今までで最悪と言う

一波ごとに船首が持ち上がり、次の瞬間船底が波の底に打ち付けられ大音響とともに船体が震える!

数回に一度、大波でデッキの上を海水が覆い船体は水中に没する!

船を信じ続航することにする・・・

 

05時45分東の針路から北へ変針する

左舷側に岩礁と島々、右舷からは21メートルの風と大波

幸いレーダーで海岸線は確認できる

海岸線は高い崖で海は急深なので見切りは付けやすい

大波が来るたび、右舷に舵を切りつつ、だましだまし船を進める

 

08時、曇天ながら日が昇り明るくなる

20110202163025

昨夜は随分気圧が下がっていた

09時25分、Rugged島の風下に入り突然風波は収まる

Resurrection Bayに滑り込む

Resurrection「復活」

妻にとってはまさに恐怖の海からの復活であった

20110202164417

20110202163458

キラーホエール(オルカ)が悠然と海面をすべる

幅広いBear氷河が海面に落ち込んでいる

 

11時49分、セワード港Fフロートに舫を取る

夕食までぐっすり眠り

そして、また眠り込んだ・・・28時間の好い戦いだった・・・達成感がある

20110202163752

高山には新雪が見えた・・・・