10月15日、06時30分起床、寒い朝、ゴミをだす、桟橋に凍った犬のウンコ

07時32分、エンジンをしっかり温め出港、今日のコースはエンジンが頼りである

21海里の狭く浅い水路に、66個もの立標やブイ、灯台が並ぶという

当然、潮流の影響も多く受ける・・・

20110302081316

20110302081315

写真上  右側の陸地がピータースバーグの町

20110302081310

写真上  64番立標付近で潮待ち

全体のイメージとしては、満潮に近い時間帯に連れ潮で通り抜けたい

20110302082624

写真上  大分明るくなる・・・海鳥達も動き出す

20110302083331

写真上  水路を覗き込む・・・若干の朝靄

霧で視界が悪い場合、航路を外し錨泊するルールだ

20110302085729

写真上  62番浮標

08時05、満潮少し前に水路に入る

20110302083953

写真上  幸い視界良好・・・一度に沢山の標識が目に入る、混乱しそう

詳細な海図と照らし合わせ、標識の番号を一個一個潰して行く

目測による航法はしばらくぶりなので・・・少々戸惑う

20110302084555

写真上  44番立標、潮が引き始めた・・・連れ潮

20110302084916

写真上  10時33分、34番立標のメンテナンス

立標の先端に作業員が乗っている・・・電球の交換?

立標に負担が掛からないよう上手に船をコントロールしていた・・・

ブイや立標の位置誤差は5日に一回調査、調整をしているそうだ・・・

 

老朽化した標識が多くメンテナンスも大変だろう

また、海図より浅い所も散見され浚渫も必要だろう・・・

潮流の影響か、2、3箇所「ヤバイなぁ・・・!」と感じる箇所が有った

とにかく海図と標識に忠実に航行することが大事だ・・・

自己判断は事故の元だ

20110302091200

写真上  一番立標・・・10時50分、水路を抜けた

この水路の制限速度は7ノットだ、最短時間で抜けたことになる

 

12時39分、Vank I.の南0.25海里で複雑な潮流

20110302093248

20110302093245

20110302182442

20110302211050

13時50分、Wrangell着岸

さすがにロシア領時代からの港、自然の地形をうまく利用した良港である