チーフエンジニア氏が電動ドリル、ドリルの刃、タッピング、ボルトなど工具袋に入れて持ってきてくれる。パーツはすべて鉄であるが、短時間(ヴァンクーバーまで)の使用であるし、錆びてしまったほうがフィットしていいだろう

「私は今日忙しい・・・君一人で出来るよ・・・」と帰っていった

 

両脇から鉄の副木を叩き込み、船内もチェック

ドリルで穴を開けタッピングでねじを切る

シリコンをつけてボルトをねじ込む

ステイ、ハリヤード ロープ類でマストを固める

20110118084437

写真上  「グットジョブ!!」作業終了

上出来の修理である。チーフエンジニアーの段取りと早い仕事ぶり、やれることは自分でやれ・・・の精神、見栄えよりも実質、これが「アラスカ魂・・・インディペンデント!!」だ

 

恐る恐る「請求額は・・・?」と聞くと「いらない!」と言う

「アラスカ人は困っている人には援助をする、いつか君が誰かを助ければいいことだ・・・」

 

この一言に、おいらはシビレてしまいました・・・。

 

なれない作業で腰が痛い